自宅で始めるピアノ独学上達法。

弾かれないピアノ

我が家のピアノが弾かれなくなって、ずいぶんと時間が経ちました。

そもそも、このピアノが我が家にきたのは、まだ子どもがなかった頃。
当時は、いわゆるDINKS(ダブル・インカム・ノー・キッズ)で、経済的にも余裕がありました。

子どもの頃からあこがれていたピアノを、マンションの入居にあわせてキャッシュで購入。

ひと駅となりの、音楽教室に一年ほどレッスンに通ったものの、第一子の妊娠・出産時に辞めてしまって、それからめったに弾くことがなくなってしまいました。

好きな曲を弾き語りしたい

ピアノに憧れるきっかけとなったのは、多分、小学校低学年。
当時、仲良くしていたお友達の家で、ピアノを聴いたことでした。

 

もう、どんな曲を弾いてくれたのか忘れてしまいましたが、ピアノを弾く友達の姿にとても驚いた記憶があります。

 

 

それから、ずいぶん時間を経ますが、高校一年生のピアノ体験。
私の通った高校の音楽室は、別室みたいにピアノが置いてある部屋が付設されていました。

 

どういう状況なのか前後の記憶がありませんが、そこで数人の集まっていると、友人の一人がピアノに向かい、ミスターチルドレンの「抱きしめたい」を、弾き始めました。

 

他の小さいころからピアノを習っている友達にとっては、普通の演奏だったのかもしれません。

 

しかし、私にとっては、“このひとスゴイ!”。
“いつか、私もピアノの弾き語りをやってみたい!”

 

ピアノの弾き語りに憧れてしまった瞬間でした。

育児期間はレッスンに通えない

仕事を辞めて、専業主婦になってみると、それまで主婦に描いていた幻想と違い、意外に自由な時間がないことに気付きました。

 

仕事をしていたときは、「主婦はヒマそうでいいよな〜」なんて思っていた自分を恨めしく思い返します。

 

子どもがいて、家事・育児をしていると、ひとつながりのまとまった時間をとることが難しくなりました。
実際、朝方の家事がひと段落したお昼前とか、昼過ぎのちょっとした時間など、少しずつのスキマ時間はあります。

 

しかし、ピアノレッスンに通うような、まとまった時間はとれません。
どんなに近くに教室を見つけたとしても、子どもを預け、身支度を整え、行きかえりの往復をするだけでも、相当な時間を要します。

 

もうちょっと、子どもが大きくなったら・・・。なんて思っていましたが、いつになってもそんなに状況は変わらないことが、うっすらと分かってきました。

主婦のピアノは独学で上達

長い時間は取れないけど、細切れのスキマ時間はところどころにある主婦にとって、ピアノは独学で上達できます。

 

子どもがいない人には、会社帰りにレッスンに通う自由があります。
しかし、子どもがいて、基本的に家から離れることができない主婦にとっては、レッスンに通うことは、簡単ではありません。

 

そもそも、レッスンに通っているだけで、自宅で練習しないとピアノは上達しない・・。

 

ピアノは独学で上達する!と、たったひとりで決意しました・・・。

 

  • 子どもを預けられない
  • レッスンに通うのが恥ずかしい
  • レッスンに通う、まとまった時間がない

 

実際にはレッスンも捨てがたいのですが・・・。

現役のピアノ教室の先生が自宅にきてくれる

現役のピアノ教室のレッスンが自宅で受けられます。DVDでですが・・・。

 

【30日で弾ける初心者向けピアノレッスン 3弾セット】

 

DVDを観て、よく聴いて、ピアノを弾く。
わからない、上手く弾けないときは、もう一度観て、聴いて、弾いてみる。

 

なんど繰り返しても、DVDの先生は怒りません(笑)。
ピアノ教室だと、先生になんども同じことをきくことをためらってしまいますね。

 

他にも、ピアノを独学で学ぶメリットがあります。

  • スキマ時間にちょこっとレッスン
  • レッスンを休んでもお金が無駄にならない
  • たくさんレッスンしても追加料金はかからない
  • 自分のペースでレッスンが続けられる